八重山毎日新聞に掲載されました!

 令和元年12月26日の八重山毎日新聞に「グループホームふだずめー」の記事を掲載していただきました。当初はこんな大きく扱っていただくとは思わずビックリしましたが、うれしい限りです。

 同時に、問い合わせが殺到し、おかげさまで20名定員満室になり、キャンセル待ちまでいただきました。ニーズの高いグループホームがどんどん増えたらと思います。

http://www.y-mainichi.co.jp/news/36016/

イメージパース(完成予定図)が仕上がりました

 八重山毎日新聞社様に取材を受け、記事を掲載してもらうこととなりました。

記者の方から「建物の完成図があると嬉しいです!」とのご希望に、弊社がお世話になっている設計士の央設計様が作成してくれました。

完成までまだ時間がある中、これから入居予定の方々にもパースを見ていただきながら説明が出来ますし、何よりもこれからの可能性への未来予想図に心が躍ります♪

工事看板設置

寒暖の差が激しい毎日が続く中、作業所名:グループホームふだずめー新築工事の看板が設置されていました。丸尾建設さんの旗が素敵です。2F部分で作業しているのは見えるのですが周りを囲ってあるのではっきりは見えません。石垣島全体が建築ラッシュという事もあり掛け持ちで頑張っているようです。作業員の方々お疲れ様です。

建築状況

寒くなってきた中、工事現場では夜遅くまで頑張って頂き感謝しかありません。1階建枠が終わり来週には2階部分が始まります。

シーサー

魔除けとされるシーサーを選びに行きました。石垣島のシンボル南ぬ島空港でも島に来る方々をお出迎えしています。色違いの迫力あるシーサーを注文。川平焼 凜火さんは石垣島では唯一の登り窯。 約60時間の時間をかけて、松の木などを燃料にして焼き上げていきます。 工房には大型のシーサー、壺、甕、大皿など蒔窯ならではの風合いの作品が並んでいます。 これから作り始めて2~3か月かかるそうで楽しみです。

着工から1ヵ月目(基礎終了)

9月27日

工事着工から約1か月が経ちました。2回の台風にあたり心配しておりましたが工程予定通りに進んでおります。設計士、建築、携わる全ての方々に感謝です。また入居問い合わせや申し込みも徐々に増えて来ています。

管理システム導入

導入実績No1のwisemanさんに。

石垣島にも導入実績がある沖縄県宜野湾市の光電気さんで打ち合わせ。利用者情報や支援記録、アセスメントやモニタリング、給付管理と請求まで幅広く業務をサポートします。業務を簡素化する事によって、より良いサービスが出来るよう、また医療や介護、福祉と連携し情報共有やコミュニケーション促進をスムーズに行うことが出来ます。

ホーム内壁紙

9月20日

沖縄県宜野湾市にあるsangetuさんのショールームに行って来ました。

グループホームのコンセプトは「南のリゾートホテル」をイメージしています。アットホームな家というよりはサービスの提供という事で、ホテルのような素敵なと空間や沖縄とアジアンテイストをミックスした内装を考えております。壁紙もいっぱいある中からコーディネートするのに時間はかかりましたがイメージに近いプランが出来上がりました。出来上がりが楽しみです。